よくあるご質問(エラ・あご・頬骨の悩み)|美容整形・美容外科なら共立美容外科・歯科 ドクターひとりひとりが日々、技術の向上に努力しています。

美容外科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

渋谷院0120-340-428
menu

よくあるご質問エラ・あご・頬骨の悩みに関する
よくあるご質問

エラ・あご・頬骨の悩みに関するよくあるご質問

  • あごの形成施術は傷痕が目立ちませんか?
    当院の輪郭形成「MWO法」の手術は、口の中から行うため、外観から傷跡は全くわかりません。
  • 手術の痛みはありますか?
    麻酔専門医が麻酔をするので、手術中の痛みはほとんどありません。術後麻酔が切れた後も、それ程痛がられる事はありません。これは骨自体には神経が通っていないためで、骨からの痛みがほとんどないからです。
  • エラ削りの術後の麻痺(まひ)はありますか?
    術後の麻痺は術後一時的に軽く発生します。ただし時間がちゃんと癒してくれます。
  • エラ削りの術後の腫れはありますか?
    こればかりはどうしても避けられません。唇と下頬に腫れがでます。程度は人それぞれですが、おたふくかぜのような雰囲気です。ただし、それも平均2週間ぐらいで元にもどります。
  • 入院は必要ですか?
    入院の必要はありません。ただ、ご希望があれば入院のご対応もさせて頂いています。
  • 食べ物はいつから食べられますか?
    翌日から可能ですが、口腔内に傷がありますので、刺激が強い食べ物は2週間程度避けられるのがよろしいです。
  • どのくらいで人前に出られるようになりますか?
    始めの3日間が腫れのピークです。その後、だんだん軽減していきます。その間はマスクを着用され、“親不知を抜いて腫れている”と言い訳されてはいかがでしょうか。マスクを外すタイミングはご本人次第です。 皆さん平均してカレンダーの連休+1〜2日(計4日前後)お休みを取られているようです。
  • 会社の人に気づかれずにエラ削りの手術はできますか?
    エラ削りの手術は実は意外に気づかれません。(腫れている時の言い訳やお休みに関しては一つ前のQでお答えした様にご用意いただく必要はありますが。)エラ削りの術後は変化がゆるやかなので、周囲の人に痩せていくようにしか見えないのも特徴です。また、二重や鼻の手術と違って、他人から深く詮索されるという事もほとんどないと思います。
  • 他院でエラ削りの手術を数年前に受けましたが、仕上がりに満足していません。共立美容外科・歯科で再度エラ削りの手術を受ける事はできますか?
    可能です。当院では他院で術後満足されない方の修正手術も行っています。お気軽にご相談下さい。
  • エラを削った後で皮膚がたるむことはないのですか?
    皮膚や筋肉には十分な弾性がありますので、たるみは発生しません。女性が妊娠した際、お腹の周りは何倍にもなりますが、出産後はちゃんと戻るのと同じです。