共立美容外科・歯科のお腹の脂肪吸引について。

美容外科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

渋谷院0120-340-428
menu

脂肪吸引・痩身共立式KB脂肪吸引

お腹の脂肪吸引 お腹の脂肪吸引

熟練の医師が
美しいボディラインを実現

お腹の脂肪吸引とは

お腹は面積が広いため、きれいに安全に脂肪を吸引するには熟練した技術が必要です。漠然と吸引するだけではなく、全体のバランスを考えながら行うことが重要なのです。共立美容外科では、優しい丁寧な医師が、安全に配慮しながら美しいボディラインに仕上げていきます

共立美容外科の「お腹の脂肪吸引」

特徴

ドクターが、気になるお腹のラインを細く美しくデザイン。

脂肪吸引を希望される患者様が最も多い施術箇所。

熟練した技術が必要。

複数箇所からカニューレを交差させて行うため、熟練した技術が必要です。
お腹のような広い場所の場合、1つの方向だけで脂肪吸引できないために、
複数の場所からネット状にカニューレを交差させて行ないます。

いろいろな組み合わせが可能。

(A)下腹部だけ希望 (B)上腹部だけ希望 (C)ウエストだけ希望 (D)全体を希望
上記のように色々な組み合わせが可能。

共立美容外科の「お腹の脂肪吸引」

久次米CEO兼総括院長より

「お腹の脂肪吸引による死亡事故が報告されております。熟練した技術を持った病院選びが重要です。」

病院選びが重要です

お腹の脂肪吸引概要

手術料金 1部位¥356,400
お腹全体¥356,400

※組み合わせで2部位以上からは、追加部位料金の半額をプラスした料金になります。
手術時間 60分〜90分
通院回数 5回(検査、手術、圧迫除去、1〜3ヶ月検診)
回復までの期間 2〜3ヶ月
カウンセリング当日の治療 部位、程度によって可
入院の必要性 なし
制限事項 術後1週間まで禁酒、禁スポーツ
※体をよく動かした方が、経過がよくなります。
仕事・外出 翌日よりほとんどのケース可能
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

脂肪吸引治療の流れ

脂肪吸引治療の流れ

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

日本美容外科学会 学会長としてのご報告

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が務めました。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

駅近で便利。院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国24院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

初めての方でも入りやすい雰囲気つくり

初めての方でも入りやすい雰囲気つくり

初めて入る美容外科って緊張しますよね。共立美容外科では、初めての方でも入りやすい雰囲気つくりをしています。大事な時間を使ってお越しいただいている患者様にリラックスしていただけるよう、優しいお声がけをさせていただいております。

ラグジュアリーな雰囲気の中、リラックスして施術や手術をお受けいただければと思います。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、 日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、 日本外科学会が認定する外科専門医、 日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、 日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医、 日本救急医学会が認定する救急専門医 です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われた第107回日本美容外科学会では、久次米総括院長が学会長を務めました

医学博士

救急科専門医在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師が在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

救急科専門医

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

共立美容外科で受けられる脂肪吸引・痩身術